青天を衝け:小池徹平、大河デビューへ 福井藩士・橋本左内役 18年「西郷どん」では風間俊介が好演

NHK大河ドラマ「青天を衝け」で福井藩士・橋本左内を演じる小池徹平さん (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」で福井藩士・橋本左内を演じる小池徹平さん (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演の2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第4回「栄一、怒る」が3月7日に放送される。同回では、小池徹平さんが福井藩士・橋本左内役で大河デビューを果たす。

 小池さん演じる橋本左内は、藩主の松平慶永(要潤さん)に才能を見いだされ、藩医の立場から側近へ。将軍継嗣(けいし)運動の中心となり、徳川慶喜(草なぎ剛さん)の側近の平岡円四郎(堤真一さん)を巻き込んで、慶喜の英邁(えいまい)さを伝える文書を完成させるが、安政の大獄により若き命を散らす……という役どころ。2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」では風間俊介さんが好演した。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

 第4回は、栄一(吉沢さん)は仕事にますます励み、もっとよい藍を作るにはどうしたらよいかと思い巡らせていたが、ある妙案を思いつく。一方、幕府はペリー(モーリー・ロバートソンさん)の再来航が迫り混乱していた。斉昭(竹中直人さん)は、次期将軍候補である息子・慶喜(草なぎさん)に優秀な家臣を付けようと、変わり者の平岡円四郎(堤さん)を小姓に据える。

 そしてついに、日米和親条約が締結。開港のうわさは血洗島にも届き、惇忠(田辺誠一さん)たちはがく然とする。そんな中、父・市郎右衛門(小林薫さん)の名代として、多額の御用金を申し渡された栄一は、その理不尽さに、この世は何かがおかしいと感じ始める……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る