仮面ライダーセイバー:“賢人”青木瞭「ようやく復活することができました」 仮面ライダーカリバーは第三の台風の目に

特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」で富加宮賢人を演じる青木瞭さん(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 1
特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」で富加宮賢人を演じる青木瞭さん(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 3月7日に放送された特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)第25章で、俳優の青木瞭さんが演じる雷の剣士・富加宮賢人が復活を遂げた。賢人は、主人公・神山飛羽真(内藤秀一郎さん)の幼なじみで、聖剣「雷鳴剣黄雷(らいめいけんいかずち)」を操る仮面ライダーエスパーダとして戦いに身を投じていたが、昨年12月6日放送の第13章で、仮面ライダーカリバーとの戦いに敗れ、闇の力にのみ込まれて消滅。しかし、第25章では、新たな仮面ライダーカリバーとして飛羽真たちの前に現れた。

 青木さんは「ようやく復活することができました」と喜びつつ、「最初は賢人としての心持ちは一切僕の中で変えるつもりはありませんでしたが、台本を読んで監督やスタッフの皆さんと話し合いをした際に、また別の角度から新しい考え方を提示いただき、より賢人について深掘りができそうだなと率直に思いました」とコメント。

 「この状況下で賢人の役目を果たしつつ、対立している者たちの第三の台風の目となり、物語をより一層盛り上げていきたいです。賢人の考えていることは何なのか、なぜ今現れてみんなと対立してしまうのか。さまざまな考察をしてお楽しみいただければと思います!」と語っている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る