矢沢心:「俺の家の話」第8話ゲスト 長瀬智也と“IWGP”以来21年ぶり共演 「同級生に会っているような感覚」

連続ドラマ「俺の家の話」の第8話に出演する矢沢心さん(右) (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「俺の家の話」の第8話に出演する矢沢心さん(右) (C)TBS

 女優の矢沢心さんが、人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」(TBS系、金曜午後10時)第8話(3月12日放送)にゲスト出演することが3月12日、明らかになった。矢沢さんと長瀬さんが共演するのは、同局の連続ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)以来、21年ぶり。矢沢さんは「同級生に会っているような感覚で21年ぶりとは思えませんでした」とコメントを寄せた。

 矢沢さんは、主人公の寿一(長瀬さん)の人生に大きく関わる看護師役で出演。「久々に宮藤官九郎さんの脚本を読ませていただき、面白いなと感じたのが率直な感想でした。こんな感じに演じようかなと思っても、『官九郎さんならこんな感じかな』と思えることがとても楽しかったです」とコメント。

 久々の共演を果たす長瀬さんについては、「ナチュラルで緊張させないよう現場の空気を作ることがとても上手です。やりづらさがある苦手なシーンでも、全て拾ってくれるのでアドリブ力が必要なのですが、いつの時もとても楽しく演じさせてもらいました。こんな役者さんってあまりいないと思います。人を緊張させず、人間味を思う存分カッコつけずに出してくるもんだから、『池袋ウエストゲートパーク』も、あんなに結束力が強かったのだと思います」と明かした。

 第8話では、寿一はさくら(戸田恵梨香さん)に告白したものの、そのことを家族に話せないでいた。そんな中、寿三郎(西田敏行さん)は寿一に新しい演目のけいこをするように告げる。しかし、寿一は稽古中によろけてアキレス腱を断裂。寿一は、寿三郎と親子そろって車椅子生活を送ることになる……という展開。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る