津田健次郎:「不滅のあなたへ」感情出さない観察者役の難しさ 「てんやわんやがうらやましい」

「不滅のあなたへ」に出演する津田健次郎さん=NHK提供
1 / 4
「不滅のあなたへ」に出演する津田健次郎さん=NHK提供

 大今良時さんのマンガが原作のテレビアニメ「不滅のあなたへ」(NHK・Eテレ)の取材会が3月12日にオンラインで行われ、観察者役の津田健次郎さんが登場した。津田さんが演じる観察者は、フシを観察する謎の存在で、「観察者は独特。重力はあるけど、地に足が着いておらず漂っていて、相反するものを持っている。感情的にならないが、軽くて淡々としているだけでもダメですし、難しい」と話し、他のキャラクターが「てんやわんやしているのが、めっちゃうらやましいです」と笑顔で語った。

 取材会には、主人公・フシ役の川島零士さん、むらた雅彦監督も登場した。むらた監督は、観察者について「語り部として俯瞰(ふかん)で見てしゃべっている。ナレーションではなく、しかもクールで存在感のある声をイメージしていた」と話し、「津田さんは声で観察者の存在感を出してくださる」と起用の理由を語った。

 テレビアニメ序盤の見どころについて、津田さんは「第1話を見ると、思わぬ展開になって、『あ、こういう物語なのか』と思える。第1話のインパクトがすごい。それが第2話になるとまた全然違う展開になり、世界観も変わってくる。アニメは渾身(こんしん)の絵作りで、すごくキレイな世界観が描かれている。いろいろな要素を楽しめる作品」と語った。

 「不滅のあなたへ」は「聲の形(こえのかたち)」で知られる大今さんのマンガで、「週刊少年マガジン」(講談社)で2016年10月に連載がスタート。刺激を受けた物の姿に変化できる能力、死んでも再生できる能力を持つフシが、球から小石、オオカミ、少年に姿を変え、出会った人々から生きる術(すべ)、感情を学び、成長する姿を描いている。

 アニメは、「つくもがみ貸します」などのむらたさんが監督を務め、「夏目友人帳」などのブレインズ・ベースが制作する。4月12日から毎週月曜午後10時50分に放送される。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る