知ってるワイフ:最終回 “元春”大倉忠義が3度目のタイムスリップ 一人関西で生活 「関ジャニ∞」丸山隆平が出演

連続ドラマ「知ってるワイフ」最終回のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 9
連続ドラマ「知ってるワイフ」最終回のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)最終第11話「三度目の人生の行方……取り戻したい想(おも)い」が3月18日に放送される。再びタイムスリップをした剣崎元春(大倉さん)のその後が描かれる。関ジャニ∞の丸山隆平さんが、新たな人生を手に入れた元春が出会うハイテンションの関西人役でゲスト出演する。

 元春は、建石澪(広瀬アリスさん)との結婚生活を変えるため過去を変え、学生時代に憧れていた江川沙也佳(瀧本美織さん)と夫婦になる人生を選択した。理想の人生を手にしたはずだが、職場で異動してきた独身の澪と出会った。妻だった時とは違うはつらつとした雰囲気を見て、澪を恐妻に変えたのは自分のせいだと気付き、気持ちが揺れ始める。

 沙也佳と結婚したにもかかわらず、元春は何かと気になる澪を助けてしまい、それが原因で沙也佳と離婚した。一方、澪は、離婚した元春に恋心を募らせ、交際していた津山千晴(松下洸平さん)と破局。それをきっかけに親友同士だった元春と津山の友情は壊れ、元春は職場の人間関係もぎくしゃくするようになった。さらに、元春は沙也佳の父に汚職の片棒を担がされたことを告発し、江川家も崩壊した。

 「出会う全ての人を不幸にしてしまった」と悔やむ元春は、“謎の男”小池良治(生瀬勝久さん)に渡された500円硬貨を持ち、再びタイムスリップをした。

 元春は、10年前の澪と出会った日で沙也佳と初デートをした日に戻った。「家から一歩も出ない。絶対に会っちゃいけない」と、2人と会うのを避ける。現代に戻った元春は、見知らぬ部屋で目を覚ます。独身のまま、大阪で生活していた。携帯電話の連絡先には、澪、沙也佳、津山の名前は入っていなかった。独身のまま生活しようと考える元春だったが、東京へ出張することになり……。

 原作は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル「tvN」で2018年に放送された同名ドラマ。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る