来週のおちょやん:第17週「うちの守りたかった家庭劇」 福助に赤紙 出征前に千代が一肌脱ぐ!?

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第17週の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第17週の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、3月29日から第17週「うちの守りたかった家庭劇」に入る。

 昭和16(1941)年の暮れに始まった米国との戦争は最初、日本中が大勝利に沸いていたが、その後、戦況は大きく変わっていく。昭和19(1944)年1月、鶴亀家庭劇は相変わらず愛国ものの芝居を続けていたが、客の不入りが続き、そんなとき、千代(杉咲さん)と一平(成田凌さん)の家に幼なじみの福助(井上拓哉さん)がやってくる。福助に赤紙が来て、召集されることになったのだ。福助は、千代と一平に、みつえ(東野絢香さん)と息子のことを頼むと頭を下げる。

 千代は、福助が出征する前に、思う存分好きなトランペットを吹かせてあげたいと考える。このご時世にそんなことをすれば問題になりかねないと、一平は心配するが、福助のために何とかしてあげたいと一肌脱ぐことに。一方、芝居茶屋「岡安」の女将(おかみ)シズ(篠原涼子さん)は、千代に60年続いた岡安を「閉めることにする」と伝えていた……。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代が、華やかな芝居の世界に魅せられ、自らも女優を目指すようになる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る