ジャンプ+:「ネーム原作マンガ賞」募集開始 「Dr.STONE」「終末のハーレム」「生者の行進」作者が審査員に

「少年ジャンプ+ ネーム原作マンガ賞」の告知(C)米スタジオ・Boich/集英社(C)LINK・宵野コタロー/集英社(C)みつちよ丸・佐藤祐紀/集英社
1 / 2
「少年ジャンプ+ ネーム原作マンガ賞」の告知(C)米スタジオ・Boich/集英社(C)LINK・宵野コタロー/集英社(C)みつちよ丸・佐藤祐紀/集英社

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」が、新たなマンガ賞「少年ジャンプ+ ネーム原作マンガ賞」を創設し、4月6日に募集を開始した。プロ、アマ問わず読み切り作品のネームを募集するマンガ賞で、「Dr.STONE」の原作を担当する稲垣理一郎さん、「終末のハーレム」のLINKさん、「生者の行進」のみつちよ丸さんが特別審査員を務める。

 「ネーム原作マンガ賞」は、発想力、取材力、ストーリー構成力、せりふ力など、「誰にも負けない『強み』を発揮した原作」の書き手を増やすことが狙い。特殊恋愛・ファンタジー部門、特殊ホラー・サスペンス部門、特殊職業・スポーツ部門の3部門で募集する。

 大賞、準大賞、佳作は、作画を付けて「少年ジャンプ+」に掲載される。大賞には賞金100万円、準大賞には50万円、佳作には30万円が贈られる。各部門から1本以上、期待賞も選出する。期待賞には、賞金5万円が贈られる。応募締め切りは6月30日。9月に結果が発表される。

写真を見る全 2 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る