中川大志:「賭ケグルイ」新作映画に“サプライズ出演” パンチパーマ、ひげ面の新キャラ 「一応18歳」

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」に出演する中川大志さん (C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX(C)2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会
1 / 3
映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」に出演する中川大志さん (C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX(C)2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

 女優の浜辺美波さんが主演を務める実写「賭ケグルイ」シリーズの新作映画「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、4月29日公開)に、俳優の中川大志さんが出演することが4月8日、分かった。ドラマ「賭ケグルイ」(2018年)「賭ケグルイ season2」(2019年)で生徒会役員会計・豆生田楓(まにゅうだかえで)として出演していた中川さんだが、今作では新キャラクター討嶋(うちじま)としての“サプライズ出演”となる。

 パンチパーマに無精ひげ、サングラスという“強烈な”ビジュアルの討嶋が写し出された場面カットも公開された。癖の強いビジュアルのキャラクターだが、劇中ではキーマンとして活躍する場面もあるという。中川さんは「ひげ面で、セカンドバッグ片手に、ガラケーで資材発注の電話をするこの男は、台本には一応18歳と書かれていました。一体何がどうなってこうなったのか、それは僕しか知りません」「この映画の邪魔だけはしていませんように」とコメントしている。

 英監督は「大志君はドラマ版で原作キャラの豆生田を作り込んで演じてくれたのですが、今回はオリジナルなので、まるで解放されたようでした。めちゃめちゃアイデアを出してくれ、誰よりも衣裳合わせやカツラ合わせに時間をかけていたと思います」と明かした。

 「賭ケグルイ」は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本ほむらさん作、尚村透さん画の人気マンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園に、ギャンブル狂の謎多き転校生・蛇喰夢子(浜辺さん)が現れたことで、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」は、かつて学園を追放されたすご腕のギャンブラー視鬼神真玄(藤井流星さん)が舞い戻り、学園を混沌(こんとん)に陥れる……という展開。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る