ネメシス:広瀬すずがヒラメキで事件を解決! 探偵事務所の“天才すぎる助手”役

連続ドラマ「ネメシス」で美神アンナを演じる広瀬すずさん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ネメシス」で美神アンナを演じる広瀬すずさん=日本テレビ提供

 4月11日にスタートする連続ドラマ「ネメシス」(日本テレビ系、日曜午後10時半)。“天才すぎる助手”美神アンナと、“ポンコツ探偵”風真尚希の凸凹バディーが、コミカルなやり取りで難事件を解決していく本作で、探偵事務所「ネメシス」に所属するアンナを広瀬すずさんが演じる。広瀬さん扮(ふん)するアンナについて紹介する。

 アンナと風真のバディーは、失踪したアンナの父を捜しており、闇に葬られた“20年前のある事件”が謎を解くカギとなっている……という設定。事件を解決するごとに20年前の事件の断片が明らかになっていく。風間を櫻井翔さん、「ネメシス」のCEO・栗田一秋を江口洋介さんが演じる。

 ◇無鉄砲な超天才助手 「ちょっと入ります」の意味は…

 広瀬さんが演じるアンナは、無鉄砲だが天才的ヒラメキで事件を解決に導く探偵事務所の助手。第1話の予告映像では、顔の前で拳を上に向けて構えのような体勢を取りながら、「私ちょっと入ります」と口にし、両手を広げてジャンプする姿が収められている。

 ◇「ネメシス」の初回ストーリー

 医者の上原黄以子(大島優子さん)が「ネメシス」に駆け込んでくる。用件は、自分の雇い主“磯子のドンファン”=澁澤火鬼壱(伊武雅刀さん)の80歳を祝うパーティーを中止しないと、火鬼壱の命の保証はない、との脅迫状が届いたという相談だった。火鬼壱は莫大(ばくだい)な資産を死後、6人の恋人たちに分けると記した遺言書を作っていたという。

 探偵事務所初の相談に、意気揚々と火鬼壱の豪邸に乗り込むアンナ、風間、栗田だが、パーティー翌日、火鬼壱は密室となった自室で死体となって発見される。容疑者はアリバイのない黄以子と恋人6人。全員に殺害の動機があって……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る