コントが始まる:古川琴音がスナック勤務の女性役 有村架純の“妹”・中浜つむぎとは?  

連続ドラマ「コントが始まる」で古川琴音さん演じる中浜つむぎ日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「コントが始まる」で古川琴音さん演じる中浜つむぎ日本テレビ提供

 俳優の菅田将暉さん主演の連続ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系、土曜午後10時)が4月17日にスタートする。2019年に放送された連続ドラマ「俺の話は長い」(同局系)の金子茂樹さんが脚本を手掛けるオリジナル。思い描いていた“大人の自分”とはかけ離れた人生を歩む20代後半の若者たちが、思いもしなかった幸せと巡りあう様を描く群像劇だ。

 ◇スナック勤務は“姉”・有村架純への“世話”がきっかけ 
 
 ドラマで重要なアクセントを演じるのが、女優の古川琴音さん演じる「中浜つむぎ」だ。つむぎは、スナック「アイビス」で働く女性で、有村架純さん演じるウエートレス・中浜里穂子の妹。特に目標もない20代を過ごし、空っぽの人生を送っている。

 つむぎは高校卒業後のある日、先に家を出ていた里穂子が音信不通であることを知らされる。つむぎは、里穂子の姿を見つけることができたものの、里穂子は優等生だったころとはまるで違う姿に変貌していた。以来、つむぎは里穂子の世話をするという名目で、里穂子と都内で共同生活を始め、「アイビス」で働くことになる。

 ◇初回ストーリーは......

 鳴かず飛ばずの日々を過ごすお笑いトリオ「マクベス」で、突っ込みを担当する高岩春斗(菅田さん)は、トリオ結成10年を前に、ある決断を迫られていた。一方、訳あって大手企業を退職した里穂子は、つむぎと同居しながらファミリーレストランでウエートレスとして働いていた。

 そんなある日、「マクベス」の3人は里穂子が働くファミリーレストランに来店。やがて「マクベス」は常連客として里穂子が働く店でネタ作りをするようになる。里穂子は「マクベス」の3人がネタ作りに励む姿を見ているうちに、3人に興味を惹かれていき、いつの間にか「マクベス」の“隠れファン”になっていく。

 里穂子はある日、「マクベス」のライブに初めて足を運ぶ。しかし、「マクベス」はそのライブでトリオ解散という重大発表をする。ぼうぜんと帰路につく里穂子は、突然春斗から声をかけられる……という展開。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る