池田秀一:「名探偵コナン 緋色の弾丸」 赤井一家集結に「感無量」 安室人気に「焦り」も

「名探偵コナン 緋色の弾丸」の公開記念舞台あいさつに登場した池田秀一さん
1 / 5
「名探偵コナン 緋色の弾丸」の公開記念舞台あいさつに登場した池田秀一さん

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版最新作「名探偵コナン 緋色(ひいろ)の弾丸」(永岡智佳監督)の公開記念舞台あいさつが4月17日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)で開催され、江戸川コナン役の高山みなみさん、赤井秀一役の池田秀一さんら声優陣が登場した。池田さんは「赤井秀-が初めて登場して20年らしいのですが、その節目にこの映画に出て、赤井一家集結ということで、活躍する場をいただいて感無量です。格好いいせりふ、いい場面を作っていただき、恐縮しています」と思いを語った。
 
 古谷徹さんが演じる安室透も人気を集めていることを受けて「ここ数年の安室人気で焦っているところもありましたが、何とか頑張ってきました。一つ、よろしくお願いいたします」と話した。舞台あいさつには、毛利蘭役の山崎和佳奈さん、毛利小五郎役の小山力也さん、石岡エリー役の浜辺美波さんも登壇した。

 「緋色の弾丸」は、世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」の開催を控える東京で、名だたる大会スポンサーたちが誘拐される大事件が発生。名古屋から東京に向かう真空超電導リニアを巻き込み、過去最大クラスの規模の事件が描かれる。FBI捜査官・赤井秀一、赤井の弟で、七冠を達成したプロ棋士・羽田秀吉、妹の女子高生探偵・世良真純、3人の母親で謎に包まれた女性・メアリーの赤井一家が集結する。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る