君と世界が終わる日に:“来美”中条あやみが妊娠 父親は誰? 対立する竹内涼真&本郷奏多も シーズン2最終話場面写真

ドラマ「君と世界が終わる日に」シーズン2最終話の場面写真
1 / 4
ドラマ「君と世界が終わる日に」シーズン2最終話の場面写真

 動画配信サービス「Hulu(フールー)」でシーズン2が独占配信中の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」の場面写真が4月19日、公開された。25日に配信されるシーズン2最終第6話の場面写真で、秋吉(本郷奏多さん)が響(竹内涼真さん)に銃を向け、対立する様子などが収められている。また、最終話では来美(中条あやみさん)の妊娠が発覚するという。

 妊娠していることが分かった来美だが、父親が誰かは分からず、響は複雑な気持ちを抱きながらも、新しい命を授かった来美を祝福する。しかし、ジアン(玄理さん)は感染者の来美が子供を産むことに反対する。

 一方、響はシェルター内に、秋吉に交渉を迫る協力者がいると考え始める。さらに、響はシェルター開設当時に起きた、ある事件を知ることに。そんな中、最後の交渉に臨む秋吉には思わぬ危険が迫っていて……。

 「君と世界が終わる日に」は、日本テレビとHuluの共同制作ドラマで、“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に描くサバイバルラブストーリー。シーズン2では、終末世界の中で豊かな暮らしを実現するシェルター「希望の家」を舞台に、人為的に付けられた“×印”の傷をもつゴーレムなど新たな脅威が訪れる……という内容。全6話で、Huluで第1~5話が独占配信中。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る