カラフラブル:第4話 “和子”吉川愛、“周”板垣李光人へのキスに動揺

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第4話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 7
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第4話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人(りひと)さんダブル主演の連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第4話が4月22日に放送される。

 和子(吉川さん)は、周(板垣さん)にキスしたことで激しく動揺。周はぎこちない態度の和子に戸惑う。

 和子は、境(おいでやす小田さん)が甘地(遠藤健慎さん)に激怒しているところに遭遇する。しかし、和子が甘地に話を聞くと、彼の言い分にも理があった。

 そんな中、境の娘・乙姫が編集部を訪ねてくる。乙姫は、小学校の課題で仕事見学に来たのだ。境は妻と離婚し、乙姫を1人で育てていた。和子は境から、キラ(桐山漣さん)の撮影に参加させてほしいと頼まれる。父として乙姫にカッコいいところを見せたいと意気込む境。和子は、彼の頼みを引き受ける。キラの撮影は順調に進み、境も乙姫にバリバリ働く仕事ぶりを見せていたのだが……。

 原作はマンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」。吉川さん演じる、仕事熱心だが自身には手を抜きがちな町田和子と、板垣さん演じるメークやファッションを自由に楽しむ相馬周の恋模様を描く。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る