おちょやん:つらすぎるタイトル回収 千代ちゃん「何でうちやあれへんの?」に感情揺さぶられる

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第99回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第99回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第99回が4月22日に放送され、千代(杉咲さん)が一平(成田凌さん)から別れを切り出されるシーンが登場した。

 第99回は 最後にもう一度話したいという一平の言葉を受けて、けいこ場で待ち続ける千代。やっと現れた一平は、灯子(小西はるさん)と生まれてくる子供を選び、千代には「別れてほしい」と伝える。その場では気丈に振る舞い、一平に新喜劇を辞めぬよう約束させると、「ほな、またあした」との言葉を残して、その場を後にする千代。しかし、家に戻ると寛治(前田旺志郎さん)の前で「何でうちやあれへんの?」と涙をこぼす……。

 SNSでは「『ほな、またあした』ってそんなこと可能なの? 無理すぎん?」「こんな悲しい『またあした』があるのか…」「こんなに悲しくて切ない『またあした』を聞くことになるとは」「『またあした』で他人になる。つらい」などと視聴者は反応。

 さらに今週の副題にもなっている「何でうちやあれへんの?」と千代がこぼしたシーンに対して、「今日は目が腫れるまで泣いてしまった。『何でうちやあれへんの』ってタイトルが本当にツラい」「『何でうちやあれへんの?』に号泣」「千代の『何でうちやあれへんの』にいろいろな感情が詰まってたな。カンジがいてくれたことが救い。本当に」「『何でうちやあれへんの』とぽつっと言った千代ちゃんに、ちっちゃいころの千代ちゃんが一瞬重なって、なんかもう、あぁぁぁ…となりました」と感情を揺さぶられた視聴者が多かったようだ。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る