明日のおちょやん:4月23日 第100回 千代と一平、お互いが決めた道に 記念興行の舞台は劇的な展開?

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第100回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第100回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第20週「何でうちやあれへんの?」を放送。4月23日の第100回では……。

 一平(成田凌さん)が帰らない部屋。一平と暮らした匂いが充満する部屋。寛治(前田旺志郎さん)を前に、千代(杉咲さん)の感情は爆発する。一平が残した何もかもを床にたたきつけ、雑然とした部屋ですがすがしい朝を迎える千代。けいこ場で一平と並ぶと、鶴亀新喜劇の仲間たちに、お互いが決めた道を自ら話すのだった。そして、記念興行の「お家はんと直どん」がついに封切りとなる。夫婦だった二人が、舞台上で元恋人役を演じるという劇的な展開に……。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る