リコカツ:北川景子の“母”三石琴乃の存在感が話題に 「マジの美魔女」

連続ドラマ「リコカツ」第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「リコカツ」第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の北川景子さん主演で、俳優の永山瑛太さんが出演する連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が、4月23日放送された。人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役などで知られる声優の三石琴乃さんが、北川さん演じる主人公の母親役で出演。視聴者からは、「三石琴乃さん、美しい」「リコカツの三石さん魅力的! 毎週見られるのがうれしい」などの声が続々と上がっていた。

 第2話で、咲(北川さん)の母・美土里(三石さん)は、夫・武史(佐野史郎さん)の浮気を確信。「離婚に有利な証拠を集めているの」と武史の“浮気現場”を訪れ、スマホで撮影する様子などが描かれた。また、三石さんが孫に対して「もう~ばあばはやめてよ~『美土里さん』でしょ?」と話す場面も登場した。

 SNSでは、「琴乃さんやっぱり美しいわ。マジの美魔女だわ」「めっちゃきれい」「マジで三石さん声いい」「三石琴乃は声もいいし演技もいい」「美人で声も素敵なんて最高」などのコメントがずらり。また、「三石琴乃の(声の)存在感」「最大の楽しみは三石琴乃さん! 何の違和感もなく溶け込んで存在感放ってる」など、三石さんの存在感も話題となっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る