ドラゴン桜:帰ってきた“桜木”阿部寛に「やっぱりかっこいい!」 16年ぶり“桜木節”「スカッとする」「セリフ刺さる」

連続ドラマ「ドラゴン桜」第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「ドラゴン桜」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)第1話が、4月25日に放送された。今作は2005年に放送された学園ドラマの続編。16年ぶりに帰ってきた元暴走族の弁護士・桜木健二に対し、視聴者から「やっぱり桜木先生かっこいい!」「何年たっても色あせない」「令和でも桜木は桜木で最高」と反響が上がった。

 ドラマは桜木健二が、偏差値32の龍海学園の再建に挑む姿を描く。第1話では、龍海学園に赴任した桜木が生徒たちに陥れられそうになるも、うまくすきをついて回避。さらには、生徒たちに仕掛けられた方法と同じやり方で“制裁”を加える……という展開だった。

 劇中では、前作でも話題になった桜木の歯に衣(きぬ)着せぬ物言いが繰り広げられ、SNSでは「桜木節健在!」と話題になった。視聴者からは「桜木先生のセリフ刺さる」「すごく説得力があって胸に響く」「心にしみる」と共感を呼んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る