ドラゴン桜:成長した“水野”長澤まさみに「感慨深い」 “桜木”阿部寛とのバディー「面白くなりそう」

連続ドラマ「ドラゴン桜」第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「ドラゴン桜」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)第1話が4月25日に放送された。前作で生徒の一人だった水野直美(長澤まさみさん)が、今作では弁護士となって登場。視聴者から「先生として再登場するのは熱い」「成長したね」「感慨深い」と反響を呼んだ。

 今作は2005年に放送された人気学園ドラマの続編。元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部さん)が、元教え子の水野とバディーを組み、経営破綻寸前の龍海学園の再建に挑む。

 16年ぶりに「ドラゴン桜」で共演を果たした水野役の長澤さんと桜木役の阿部さんに対して、SNSでは「阿部寛と長澤まさみは、やはり絵になる」「懐かしい」「また見られて感動」といったコメントが並んだ。

 また、「桜木×水野のバディーいいね!」「どんどん面白くなりそう」「これから楽しみ」と期待を寄せる声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る