鎌倉殿の13人:木曽義高役・市川染五郎 「悲劇的なところにとても惹かれた」

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で木曽義高を演じる市川染五郎さん
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で木曽義高を演じる市川染五郎さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、木曽義高を演じることが決まった歌舞伎俳優の市川染五郎さんがコメントを発表。「演じさせていただく木曽義高の悲劇的なところにとても惹(ひ)かれました。三谷さんがどのようなキャラクターに仕上げられるのかまだわかりませんが、 視聴者の皆様に義高という人物の魅力をお伝えできるよう演じたいです」と意気込んだ。

 染五郎さんは十代目松本幸四郎さんの長男で、今回が初の大河ドラマ。演じる木曽義高は、源頼朝の愛娘・大姫のフィアンセで、成長した大姫役は、放送中の連続ドラマ「日曜劇場『ドラゴン桜』」(TBS系、日曜午後9時)に出演している若手女優・南沙良さんが務める。

 「鎌倉殿の13人」は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる三谷さんが贈る予測不能のエンターテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る