鎌倉殿の13人:初大河・ティモンディ高岸宏行 「全身全霊でチャレンジ」「みんなならやればできる!」

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で仁田忠常を演じる「ティモンディ」の高岸宏行さん
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で仁田忠常を演じる「ティモンディ」の高岸宏行さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、仁田忠常を演じることが決まったお笑いコンビ「ティモンディ」の高岸宏行さんがコメントを発表。「僕自身『応援』を生業(なりわい)としている者として視聴者の皆様や出演者スタッフの皆様を鼓舞していくことはもちろんのこと演じさせていただく『仁田忠常さん』を応援する気持ちを持って全身全霊でいっしょけんめいにチャレンジしていきます! 心を一つにすてきな大河ドラマにするぞ! みんなならやればできる!」と力を込めた。

 初出演となった大河ドラマの印象は、「毎年全国の皆さんに勇気や感動を与え続け、長年愛されつづけているすてきなビタミン番組だという印象です!」と明かし、共演者については「ご一緒させていただいた方は一人もいませんが、全出演者の方々が日本中に元気や夢を届けてくださっているスーパースターなので、ご一緒させていただけることが光栄ですしワクワクで心の口角が上がりっぱなしです」とコメント。また三谷幸喜作品については、「展開が全く読めない中で、最後まで視聴者の心を鷲掴みにして離さないゴリラのような握力の強さが魅力的な作品ばかりという印象です!」と語った。

 「鎌倉殿の13人」は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる三谷さんが贈る予測不能のエンターテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る