鎌倉殿の13人:堀内敬子、時代劇初挑戦「いつもと違う緊張感」 佐藤二朗の妻役で「包み込む愛情を準備」

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で道を演じる堀内敬子さん
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で道を演じる堀内敬子さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、道を演じることが決まった堀内敬子さんがコメントを発表。道は佐藤二朗さん扮(ふん)する比企能員の妻で、「この度、比企能員の妻・道を演じさせていただきます。とはいえ、名前も分かる資料もないということで。潮の……満ち……引き……(比企)から道。という名前を三谷さんがつけてくださったそうです」と明かすと、偶然にも、私の母の名前は三千子(みちこ)。 少しだけ、他人ではないような感覚になりました」と印象を語った。

 出演にあたって堀内さんは「大河ドラマは、初出演、時代劇も初ということで、いつもと違う緊張感があります」といい、「比企能員の妻ということですが、夫となる佐藤二朗さんとはこれまで同じ作品に参加させていただいたことはありますが、シーンをご一緒する機会はありませんでした。たくさん、アドリブでこられたら、どうしよう(笑い)。今から、どんなことが起きても驚かない強い心と、包み込む愛情を準備していきたいと思います」と話した。

 「鎌倉殿の13人」は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる三谷さんが贈る予測不能のエンターテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る