櫻井孝宏:「七つの大罪」 グリアモールの屈強な“身体”を意識

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する櫻井孝宏さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する櫻井孝宏さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。櫻井孝宏さんは、第二王女ベロニカの専属騎士・グリアモールを演じるにあたり、「身体的な特徴をどう表現するか」を意識しているという。櫻井さんに作品、キャラクターへの思いを聞いた。 

 ◇少年マンガならではの痛快さやワクワクが

 --作品やキャラクターの魅力は?

 少年マンガならではの痛快さやワクワクがぎゅうぎゅうに詰まった作品だと思いました。あくの強いキャラクターたちが格好よく見えるんですよねー。四天王とか五人衆のような数字くくりに胸をときめかせていた人にはたまらないディテールです。

 --演じる中で意識していることは?

 彼の体格です。優に2メートルを超える身長、屈強な身体のイメージを声にも乗せられるよう意識して取り組んでいます。

 --長きにわたって演じる中で変化は?

 優秀で堅物で不器用なグリアモールは、とても人間くさくていいヤツだと思います。たくさんの人が彼を成長させてくれました。ギルサンダーやハウザー、父・ドレファスの存在、そしてベロニカとの絆。彼が強くあるのは支えてくれる人たちがいるからこそです。

 ◇息の長い作品だからこそ生まれる空気感

 --声優陣のチームワークは?

 ムードメーカーがたくさんいるので自然とまとまっていたような印象です。息の長い作品だからこそ生まれる空気感がありますね。

 --「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦は?

 この作品だけに限らず何かしらのチャレンジやトライを試みています。先の設問でも答えましたが、グリアモールで言えば身体的な特徴をどう表現するか、などです。

 --ご自身の考える最終章の見どころを教えてください。

 どういう結末を迎えるのか、作品の果てに待っているものがなんなのか、それを見届けてください。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る