桜の塔:主要キャラクターの階級を一挙公開! “漣”玉木宏は警視正、“爽”広末涼子は警部補

ドラマ「桜の塔」に登場する主要な警察官の階級を示すピラミッド=テレビ朝日提供
1 / 1
ドラマ「桜の塔」に登場する主要な警察官の階級を示すピラミッド=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に登場する主要な警察官たちの階級を示したピラミッドが公開された。玉木さん演じる主人公・上條漣と、馬場徹さん演じる同期の新垣広海は、第2話で昇進が決定し、ピラミッドではさっそく「警視正」に位置している。

 また、本作で捜査の最前線で活躍する、水樹爽(広末涼子さん)と、富樫遊馬(岡田健史さん)は漣より2ランク下の「警部補」、劇中で警視総監の座を狙って権謀術数を繰り広げる千堂大善(椎名桔平さん)、権藤秀夫(吉田鋼太郎さん)、吉永晴樹(光石研さん)は漣より2ランク上の「警視監」にそれぞれ位置している。

 「桜の塔」は、2019年に放送された「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)や、特撮ドラマ「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系)の武藤将吾さんが脚本を手がけるオリジナルで、警視総監を目指す警官たちによる権力闘争を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る