リコカツ:佐野史郎が降板 体調不良で入院へ 第4話から平田満が代役

連続ドラマ「リコカツ」のロゴ(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「リコカツ」のロゴ(C)TBS

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)で、北川さん演じる水口咲の父・武史役で出演中の佐野史郎さんが降板することが分かった。降板の理由について、佐野さんは「思いもよらぬ腎臓機能障害の発見により、急きょ、入院せざるをえない状況となり、水口武史役を続投することができなくなってしまいました」と説明している。

 5月7日放送の第4話からは、平田満さんが代役を務める。佐野さんは「愛する水口武史役を平田満さんが快くお引き受けくださるとうかがい、大変ありがたく、うれしく、心より感謝いたしております」とコメント。「この先の皆様との現場でのやりとりを、心底楽しみにしておりましたが、これからの平田満さんに宿る武史は、きっと、もっと、愚直で、切なくなるんだろうな~なんて想像しています」と話した。

 また、「出演者の皆様、植田博樹プロデューサー、坪井敏雄監督はじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました!」と感謝し、「『リコカツ』が、視聴者の皆様はもちろんのこと、ドラマに関わるすべての皆様の幸せにつながるよう、心より願っております」とメッセージ。

 「ワタクシも、少しでも関わらせていただいた者として、快復に向けてご利益にあやかりたいと思っております。『リコカツ』に参加させていただけて、本当にうれしかったです!! 『リコカツ』、最後までお楽しみいただけますよう!! このたびは、大変申し訳ございませんでした!!」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る