おちょやん:一平役で“苦いエピソード”? 成田凌、NHKに“直訴”「1年以内に爽やかな役を」

NHK連続テレビ小説「おちょやん」で天海一平を演じる成田凌さん
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」で天海一平を演じる成田凌さん

 放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」でヒロイン・千代の元夫・天海一平を演じている成田凌さんが、5月7日放送の同局の朝の情報番組「あさイチ」(総合、月~金曜午前8時15分)にVTRゲストとして登場。成田さんは、不倫をした一平を演じたことで、周りの人から「嫌いです」と言われるという“苦いエピソード”を告白。「すごい爽やかな役をやらせてほしいです、1年以内に」と冗談交じりにNHKに“直訴”した。

 成田さんは、「嫌いです」と言われたときには、「『そうですよね! 本当に最低ですよね!』と“乗る”パターンでいこうと。『分かります! あいつ本当に最低ですよね』と一緒に言っていこうと決めました」と打ち明けた。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る