READING MUSEUM:浪川大輔の朗読劇第3弾 江口拓也、榎木淳弥が“クセ強すぎる”異能探偵熱演 安元洋貴、八代拓も

朗読劇「デッドロックド・ディティクティヴズ~百万探偵都市の史上最悪密室~」に出演した(左から)浪川大輔さん、榎木淳弥さん、八代拓さん、安元洋貴さん、江口拓也さん(C)デッドロックド/READING MUSEUM
1 / 12
朗読劇「デッドロックド・ディティクティヴズ~百万探偵都市の史上最悪密室~」に出演した(左から)浪川大輔さん、榎木淳弥さん、八代拓さん、安元洋貴さん、江口拓也さん(C)デッドロックド/READING MUSEUM

 声優の浪川大輔さんが“館長”を務める朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM」の第3弾公演「デッドロックド・ディティクティヴズ~百万探偵都市の史上最悪密室~」が、5月15日、16日にMixalive TOKYO(東京都豊島区)で上演された。16日には、声優の江口拓也さん、安元洋貴さん、八代拓さん、榎木淳弥さんが出演し、クセが強すぎる異能探偵を熱演した。

 第3弾は、探偵でありながらも本性は悪党である異能力者4人が、球形の完全密室から脱出を試みる……というストーリー。江口さんら出演者が小気味いい会話劇を繰り広げた。公演中に投票アンケートが実施され、最も票の集まった選択肢によりその後のストーリーが決まるという演出もあり、リアルタイムで探偵たちの運命が決まっていく参加型公演に観客も楽しそうな表情を見せた。

 本編終了後のアフタートークでは、浪川さんがサプライズ出演し、「READING MUSEUM」第4弾公演「池袋ナイトアウルテールズ2」が、7月24日、25日に上演されることを発表した。昨年9月に開催された「池袋ナイトアウルテールズ」のシリーズ2作目で、浪川さん、下野紘さん、岡本信彦さん、松岡禎丞さん、内田雄馬さんら人気声優が出演することも明らかになった。

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る