カラフラブル:「Hulu」でオリジナルストーリー独占配信 本編の“裏側”と“その後”描く

オリジナルストーリー「めぐわこのカラフルな日々」の一場面
1 / 1
オリジナルストーリー「めぐわこのカラフルな日々」の一場面

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人(りひと)さんがダブル主演を務める連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)のオリジナルストーリー「めぐわこのカラフルな日々」が、5月20日の第8話放送後から、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信されることが分かった。本編では描かれない“裏側”と、完結後の“その後”を描く。全3話。

 「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」は、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちな等身大の女性・町田和子(吉川さん)と、メークとファッションを自由に楽しむ男性・相馬周(板垣さん)の恋模様を描く。

 第8話では、名コンビ3組にまつわるストーリーが繰り広げられる。休日の過ごし方をめぐって、朝からわちゃわちゃする和子と周。一方、あさひ(水野美紀さん)とマンガ家の打ち合わせを恋バナと勘違いして取り乱すキラ(桐山漣さん)、超大御所マンガ家に連載を依頼する重大ミッションを課される境(おいでやす小田さん)&甘地(遠藤健慎さん)。周の提案でついに部屋の片付けに着手することになる和子。ラストでは、あさひとキラの関係に進展が……。

 オリジナルストーリーの8.5話では、人気マンガの扮装(ふんそう)企画でキャスティングに悩む和子に、春菜(五島百花さん)が「周とキラが適役なのでは」と提案。2人で“壁ドン”や“あごクイ”など、演じてほしい場面の妄想を膨らませていると、あさひが通りかかり……というストーリー。

 また、本編完結後の10.5話では、ありのままの、自分たちらしくいられる生き方を選択した和子と周の“その後”を紹介する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る