福原遥:「IP~サイバー捜査班」で刑事役初挑戦 「演じていて楽しい」

7月1日スタートの連続ドラマ「IP~サイバー捜査班」に出演する(左から)間宮祥太朗さん、佐々木蔵之介さん、福原遥さん=テレビ朝日提供
1 / 2
7月1日スタートの連続ドラマ「IP~サイバー捜査班」に出演する(左から)間宮祥太朗さん、佐々木蔵之介さん、福原遥さん=テレビ朝日提供

 女優の福原遥さんが、俳優の佐々木蔵之介さん主演で7月1日から放送される連続ドラマ「IP~サイバー捜査班」(テレビ朝日系、木曜午後8時)に出演することが6月3日、分かった。ドラマは「サイバー総合事犯係」のサイバー捜査官たちの活躍を描くミステリーで、福原さんは「サイバー総合事犯係」の新米刑事の古宮山絆(きずな)を演じる。

 福原さんが刑事を演じるのは初めてで、「私は絆みたいにテキパキ動けるタイプじゃないので、演じていて『しっかりしなくちゃ』と思うことも多いですね。でも、彼女の中の熱い部分は自分と似ているので演じていて楽しい」と語っている。

 ドラマの脚本は、「科捜研の女」シリーズ、「スペシャリスト」シリーズ、「刑事ゼロ」シリーズなどを手掛けた戸田山雅司さんが担当。京都府警本部が新設したサイバー総合事犯係を舞台に、佐々木さん演じる人間の感情に興味のないサイバー捜査官の安洛一誠(やすみや・いっせい)らが詐欺や“なりすまし”といった身近なサイバー犯罪に立ち向かう姿を描く。サイバー総合事犯係のメンバーで、裏で安洛について調べる元捜査一課の刑事、多和田昭平は間宮祥太朗さんが演じる。

 福原さんは、脚本を読んで「安洛主任が知らない言葉をワーッとしゃべるシーンがあったので、私も分からない単語を検索して調べました!」とコメント。絆は、亡き母が残した1枚の写真から安洛のことを父親と疑っていて、人情に厚い性格の持ち主という設定で、福原さんは「安洛主任とは“真逆”で情に厚く、人の気持ちを理解し、そこから真相を導き出そうとする女性。誰よりも正義感が強くて、一直線な性格」と説明している。

 ドラマについては「今は誰もがスマートフォンやパソコンを使い、SNSも浸透していますが、それについてちょっと考えさせられるような、今の時代にマッチした作品だなと思いました」と語っている。

 「IP~サイバー捜査班」の初回は2時間スペシャルで放送。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る