佐藤健:“薫”武井咲の”巴”有村架純への質問に驚嘆 「メンタルすごい」

映画「るろうに剣心 最終章 The Final」の大ヒット舞台あいさつに登場した佐藤健さん(右)と武井咲さん
1 / 8
映画「るろうに剣心 最終章 The Final」の大ヒット舞台あいさつに登場した佐藤健さん(右)と武井咲さん

 俳優の佐藤健さんが6月4日、東京都内で行われた主演映画「るろうに剣心 最終章 The Final」(大友啓史監督)の大ヒット舞台あいさつに武井咲さんら共演陣と登場した。佐藤さんは「我々にとって非常に意味のある、愛着の深い大切な作品」と今作への思いを吐露し、「これから何カ月間か、この作品が映画館で上映しているという時期は、僕にとって非常に幸せな時期。その幸せをかみしめながら生きて行きたいなと思っています」と感慨深げな表情で語った。

 イベントは「『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』グランドフィナーレイベント」と題して行われ、「The Final」と今日が公開初日の「The Beginning」の2部構成で舞台あいさつを実施。

 第1部では、第2部の舞台あいさつの登壇者へ質問する企画も行われ、同シリーズの初期から主人公・緋村剣心をそばで支える神谷薫役を演じてきた武井さんが、「The Beginning」で謎の女・雪代巴役を演じている有村架純さんへ質問する場面も。武井さんが「The Final」の撮影中、監督の指示で薫の髪型が巴の髪型に寄っていったと明かし、「有村さんに『巴に寄せた薫はどうだったか』、と(聞きたい)」と質問内容を明かすと、佐藤さんは「すごいな、メンタルがすごいよ。本人によく聞けるな(笑い)。『私合格ですか』と本人に……」と苦笑いしつつ、驚嘆していた。

 舞台あいさつには青木崇高さん、土屋太鳳さん、江口洋介さん、大友監督も出席した。

 「るろうに剣心」は、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた剣心が明治維新後、不殺(ころさず)を誓った流浪人(るろうに)として、新たな時代の生き方を模索していく姿を描いた和月伸宏さんの人気マンガ。1994~1999年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメ化された。実写映画は、これまでに「るろうに剣心」「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」の3作が公開された。

 最終章は「The Final」「The Beginning」の2部作連続公開で、剣心の“十字傷の謎”に迫る物語と、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり志々雄真実を操っていた“シリーズ最恐の敵”雪代縁との戦いを、動乱の幕末期と明治維新後の新時代の二つの時代を通して描く。「The Final」は現在公開中。 

写真を見る全 8 枚

映画 最新記事