異世界魔王の“裏側”:第4回 キャラクター原案・鶴崎貴大 表情や手の仕草 体の柔らかさ 女性キャラデザイン秘話

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」の一場面(C)むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会
1 / 5
「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」の一場面(C)むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

 講談社ラノベ文庫(講談社)のライトノベルが原作のテレビアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の第2期「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」が4月からTBS、BS-TBSで放送されている。同作のスタッフが制作秘話を語る「異世界魔王の“裏側”」。第4回はキャラクター原案の鶴崎貴大さんに作品の魅力などを語ってもらった。

 ◇噛み砕いたものを全てひっくり返す!? 大事なのは…

 --原作のイラストを担当することになった経緯は?

 最初は、自身がなろう系小説が好きなこともあり、むらさきゆきや先生が新シリーズを書くにあたっての原案協力的な位置でお手伝いしていました。当初は協力のみだったのですが、もうここまで関わったなら一緒にやりますか!という流れでイラストを担当することになりました。

 ー-むらさきゆきやさんの作品の魅力は?

 テンポがよく読みやすい文体なので、ライトノベルとしてはかなり多いページ数の「異世界魔王」もストレスなく読めるので、さすがだといつも感じています。あとは、その時キャラがどういう動きをしているかというのを想像しやすい文章で表現しているのは本当にすごいと思っています!

 --女性キャラクターが可愛いですが、デザインする際に意識していることは?

 ファンタジージャンルでも衣装をファンタジー要素のみで構成するのではなく、現代のファッションのシルエットやSF的な要素を自分の中で噛(か)み砕きながら、全てひっくり返しておっぱいやおへそ、ふとももを大事にしています。

 --今作に限らず女性キャラクターを描く際に大切にしていることは?

 表情や手の仕草を大事にしています。あとは体の柔らかさなども自分の中でうまく表現できた時はうれしいです。

 ◇レム、シェラ 最初は髪の色が逆

 --描く中で、すんなりと決まったキャラクター、逆に苦戦したキャラクターは?

 マオー様(クルム)、エデルガルトあたりはサクッと決まった気がします。逆に、最初のキャラだったこともあり、レム、シェラは何パターンかありました。レム、シェラは最初、髪の色が逆で、性格も暗めなエルフと明るめな獣人族みたいなイメージでした。ありがちだよねということで逆転させたような記憶があります。

 --アニメを見て感じたことは?

 むらさきさんと自分が苦心したキャラクターが動いて、話しているのを見た時が一番最高な瞬間でした。お互いつらい時期もあったので感動もひとしおでした(笑い)。あとは、ディアヴロの魅力が120%表現されてたところが、本当によかったです。ほかのキャラクターもディアヴロの反応によってさらによさが引き出されているイメージでした。

 --アニメに今後、期待していることは?

 今後の展開もコンテを拝見した段階から楽しみで仕方がありません。原作側というより一視聴者として楽しみにしています!

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る