恋はDeepに:最終話 “海音”石原さとみと“倫太郎”綾野剛の別れまで3日 愛の結末は?

連続ドラマ「恋はDeepに」最終話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「恋はDeepに」最終話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の石原さとみさんと俳優の綾野剛さんダブル主演の連続ドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系、水曜午後10時)最終第9話が6月9日に放送される。予告映像には「タイムリミットはあと3日」のテロップと共に渚海音(石原さん)が「3日……」とつぶやく場面。ラストには、蓮田倫太郎(綾野さん)が「海音!」と叫ぶシーンが展開し、「愛は奇跡を起こすのか!?」の文字が並ぶ。

 トラックから海音を守ろうとして頭を強打した倫太郎。何とか立ち上がるも、体には異変が。

 帰宅した海音は、ウツボの声を断片的に聞き取れるのに気付く。ウツボは海音に、海へ帰れるのは満月の時と伝えようとしていた。次の満月まで3日。海音は地上の生活、倫太郎との別れが目前となり、ぼうぜんとする。

 海音との別れが近いと察した倫太郎は、海音のために鴨居研究室と蓮田トラスト開発チームとの合同サプライズ送別会を提案。2人に別れが迫る中、倫太郎には予期せぬ悲劇が迫っていて……。

 「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)、「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などの徳尾浩司さんのオリジナル脚本。星ヶ浜海岸の巨大マリンリゾート開発を巡り出会った、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎の恋模様を描くコメディー。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る