初情事まであと1時間:工藤阿須加、大森南朋、松雪泰子ら出演のオムニバス 豪華監督陣が参加

オムニバスドラマ「初情事まであと1時間」の出演者(C)「初情事まであと1時間」製作委員会
1 / 1
オムニバスドラマ「初情事まであと1時間」の出演者(C)「初情事まであと1時間」製作委員会

 俳優の工藤阿須加さんや大森南朋さん、女優の松雪泰子さんらが出演するオムニバスドラマ「初情事まであと1時間」が、MBSの「ドラマ特区」枠で7月22日深夜からスタートすることが6月9日、分かった。恋人たちが初めて結ばれるまでの直前1時間を描く、恋愛ドラマ。

 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックフラッパー」で連載されたノッツさんの同名マンガが原作。橋口亮輔監督、三浦大輔監督、大九明子監督、谷口恒平監督が演出を手がけ、マンガを原作に、脚本を書き下ろす。映画「ぐるりのこと。」(2008年)で知られる橋口監督がドラマの脚本を手がけるのは、2006年のNHKドラマ「みちくさ」以来、15年ぶりとなる。

 第1話「心の容れ物」(橋口監督)でカスタムドール愛好家の男女を演じるのは、工藤さんと臼田あさ美さん。オフ会で出会った2人が、互いのドールを前に交わす愛を描く。第2話「初体験まであと1時間」(三浦監督)で初めて同士の大学生を演じるのは、萩原利久さんと木竜麻生さん。うまく切り出すことができないフレッシュなカップルの物語。

 第3話「ビフォア」(大九監督)で故郷で再会した大人の幼なじみを演じるのは、松雪さんと大森さん。海辺の町を舞台に、酸いも甘いも知った2人の静かな愛が紡がれる。第4話「姉と妹」(谷口監督)で姉の恋人と姉妹を演じるのは、望月歩さんと青山美郷さん、中田青渚さん。一つ屋根の下で繰り広げられる、姉と妹と姉の恋人の微妙な三角関係を描く。

 ドラマは全12話中8話をMBSの「ドラマ特区」枠や、テレビ神奈川などで放送し、「TVer」「MBS動画イズム」「GYAO!」で見逃し配信される。地上波未放送の4話を含む全12話は。「TELASA」「J:COM オンデマンド」などで配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る