乃木坂46久保史緒里:初主演ドラマ「クロシンリ」が最終回 「きっかけになった大事な場所」

連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」の一場面=カンテレ提供
1 / 8
連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」の一場面=カンテレ提供

 アイドルグループ「乃木坂46」の久保史緒里さんが主演を務める連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」(木曜深夜0時25分、カンテレ・関西ローカル)が、6月10日深夜の放送で最終回を迎える。本作で連ドラ初主演を務めた久保さんは、「私にとって勉強の場でもあり、きっかけともなった大事な場所です」と振り返る。

 母・利加子(宍戸美和公さん)の横暴にブチ切れた息子の正人(森永悠希さん)の前に、恋い焦がれていたヒカリ(畦田ひとみさん)が突然現れる。運命を感じた正人は、実家を出てヒカリと一緒に暮らそうと決意するが、銀行口座を利加子に管理されており、実行できないでいた。そんな正人にヒカリは、自分が指南する心理術を使えば、利加子を説得できると、サキ(久保さん)のようなことを言い出す……。

 久保さんは最終回の見どころを「今回、親子間の悩みがテーマになっているのですが、一番皆さんにとって身近な問題が描かれていると思うので、共感できる部分が多いと思います」と語り、「私演じるサキが、親子の問題に介入することによって生じるねじれが、これまでのストーリーに比べてかなり大きいな、という感覚です。サキがいきいきと、すごく楽しそうに相手を操っているので、そこもしっかりと注目してほしいです」とアピールする。

 ドラマは、“ブラック心理術”を巧みに利用し、相手の心を翻弄(ほんろう)する女・クロノサキにもてあそばれる人々を、ブラックユーモアで描くサスペンス作品。「他人を支配する黒すぎる心理術」(マルコ社)を参考にしたオリジナルストーリーが展開される。BSフジでは19日深夜0時30分から放送。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る