レンアイ漫画家:第10話 “清一郎”鈴木亮平&“あいこ”吉岡里帆の交際開始 「幸せは才能をダメにする」呪いが

連続ドラマ「レンアイ漫画家」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 7
連続ドラマ「レンアイ漫画家」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の鈴木亮平さん主演の連続ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系、木曜午後10時)第10話「令和版『美女と野獣』ついに佳境へ…!」が6月10日に放送される。

 刈部清一郎(鈴木さん)と久遠あいこ(吉岡里帆さん)がついに交際を開始。清一郎は、あいこを仕事部屋に入れたりと心の変化に戸惑いながらも幸せを感じていた。

 あいこは、再就職の面接先をレン(岩田琉聖君)に聞かれ編集プロダクションと答える。清一郎や向後達也(片岡愛之助さん)を見ていて興味を持ったのだ。さらにレンが清一郎の仕事の手伝いは終わったのかを聞くと、契約は終了したと話す。

 清一郎は、あいこに面接後の予定を聞く。午前中に「銀河天使」(銀天)のネームを仕上げて、保留となっていた食事に行こうと誘う。すると、あいこは遊園地デートを逆提案する。

 同じ頃、向後は読者アンケートで銀天が追い詰められていることが気になっていた。最近の銀天の出来にも不安を抱いていた。あいこと遊園地デートを楽しむ清一郎だが、実は、ネームを仕上げられずにいた。そして、原稿を落とすという失敗を初めて犯す。「まっとうな幸せは才能をダメにする」という呪いが清一郎にかかり……。

 予告映像では、清一郎とあいこが遊園地のアトラクションを楽しむシーンのほか、「絶対絶命の清一郎」の文字と共に清一郎が病院のベッドで眠る姿も収められている。

 原作は山崎紗也夏さんの同名マンガ(講談社)。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る