桜の塔:“爽”広末涼子&“富樫”岡田健史の左手薬指に視聴者反応 「指輪!」「結婚できたの?」

ドラマ「桜の塔」の最終話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
ドラマ「桜の塔」の最終話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終話が6月10日に放送され、同話終盤に映し出された爽(広末涼子さん)と富樫(岡田健史さん)の左手薬指に多くの視聴者が反応した。

 最終話では、富樫が左手薬指の指輪をいじりながら、「早く出世して、(玉木さん演じる)上條さんよりも豪華な結婚式挙げてみせますから」と爽に話すシーンが登場。爽の左手薬指にも指輪がはめられており、二人が結ばれたかどうかははっきりしなかったものの、SNSでは「指輪!」「結婚できたの?」「二人の結婚指輪にキュンとした」「余計ドキドキしちゃいました」といった感想が書き込まれた。

 「桜の塔」は、2019年放送の「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)や特撮ドラマ「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系)の武藤将吾さん脚本のオリジナル作品。警察官たちの権力闘争を描いた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る