着飾る恋には理由があって:第9話視聴率7.1% “真柴”川口春奈と“駿”横浜流星、諦め切れないそれぞれの夢

川口春奈さん
1 / 1
川口春奈さん

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第9話が6月15日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の異なる人々と一つ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、よろいを脱ぎ捨てて自分らしく生きる姿を描く。川口さんが、インテリアメーカーの広報として活躍する“着飾る女”真柴くるみを演じ、横浜流星さんが、くるみとひょんなことから一つ屋根の下で暮らすことになる、シンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿役で出演する。

 第9話では、真柴(川口さん)は、自分が投稿したバッグのデザイナーに盗作の疑いがあると判明。盗作に加担したなどと、心ないコメントが増えはじめ、インフルエンサーとしての活動が脅かされる。駿(横浜さん)の元に、北海道で店を任せたいというスポンサーが現れ、駿の心は揺れ動く。真柴と駿、挫折を味わいながらも、諦め切れないそれぞれの夢に向かうのだが……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る