ウルトラマントリガー:メトロン星人マルゥル登場の新作短編制作 ナースデッセイ開発秘話 上坂すみれナレのPVも

「ウルトラマントリガー」の新作短編「マルっとナビ」の一場面(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京
1 / 3
「ウルトラマントリガー」の新作短編「マルっとナビ」の一場面(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

 7月10日にスタートする特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」で、エキスパートチーム「GUTS-SELECT」のメンバーであるメトロン星人のマルゥルが登場する新作短編が制作されることが分かった。「ウルトラマントリガー」の本編放送終了後、毎週土曜午前9時半に動画サービス「TSUBURAYA IMAGINATION」ほかで配信される。

 新作短編は3本で、マルゥルがウルトラヒーローや怪獣、アイテムを紹介する「マルっとナビ」、GUTS-SELECTの対怪獣用戦闘艇・ナースデッセイの開発秘話に迫る「ナースデッセイ開発秘話~特務3課奮闘記~」、オリジナルボイスドラマ「ギャラクシーレスキューフォース ボイスドラマ」が制作される。「マルっとナビ」「ナースデッセイ開発秘話~特務3課奮闘記~」は、TSUBURAYA IMAGINATIONで配信。ボイスドラマは、TSUBURAYA IMAGINATIONと公式YouTubeチャンネル「ウルトラマン公式チャンネル」で配信される。

 「ウルトラマントリガー」の第2弾PVも公開された。妖麗戦士カルミラの声優を務める上坂すみれさんのナレーションで、主人公・マナカ ケンゴらキャラクターやストーリーが紹介された。

 「ウルトラマントリガー」は、1996~97年に放送された「ウルトラマンティガ」の「“真髄”を継ぐもの」として企画。超古代の光の巨人伝説というコンセプトや シリーズ史上初めて描かれたウルトラヒーローのタイプチェンジなど「ティガ」の原点を踏襲し、「令和版ウルトラマンティガ」を目指す。

 3000万年前、闇の力との戦いの末、悠久の眠りについていた光の巨人・ウルトラマントリガーが、光を継ぐ主人公・マナカ ケンゴと一体化し、地球の未来のため再び怪獣災害や闇の力に立ち向かう姿を描く。ボーイズグループ「祭nine.」のリーダー・寺坂さんがマナカ ケンゴを演じる。坂本さんが監督を務める。7月10日から毎週土曜午前9時にテレビ東京系で放送。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事