るろうに剣心:「悪・即・斬」終生の好敵手、斎藤一 実は剣心と剣を交えるシーンは1回のみ

映画「るろうに剣心」シリーズで斎藤一を演じる江口洋介さん(C)和月伸宏/集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
1 / 6
映画「るろうに剣心」シリーズで斎藤一を演じる江口洋介さん(C)和月伸宏/集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 俳優の佐藤健さん主演の映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」の公開を記念して、印象的だった剣心(佐藤さん)のライバルや敵役たちを振り返る。今回は「悪・即・斬」の信念を貫く剣心の終生の好敵手・斎藤一(江口洋介さん)を取り上げる。

 斎藤一は、かつて「壬生の狼」と恐れられた元新選組三番隊組長。「牙突」と呼ばれる鋭い突き技が得意。新選組でも屈指の剣の腕を持ち、近藤や土方からも一目置かれている存在。「The Beginning」では、対馬藩の佐幕派を一掃するなど討幕派の剣客として暗躍していた“人斬り抜刀斎”(剣心)にかねてから強い反感を持っていた。池田屋事件で剣心と沖田が斬り合っていたところへ部下と共に出現し、剣心と遭遇する。

 その後旧幕府軍の一員として鳥羽伏見の戦いに参加して剣心と再会するも、決着できないまま維新を迎えた。維新後は藤田五郎と改名して明治政府の警官となり、剣心たちと共に武田観柳一派や志々雄真実一派の壊滅に尽力した。

 これまで登場してきた鵜堂刃衛、瀬田宗次郎、志々雄真実、雪代縁ら強敵とは一線を画す存在でもある。公開中の「The Beginning」では、人斬り時代の剣心の明確な敵として登場するが、それ以外のシリーズでは剣心と共闘している。幕末から明治へ移り、“人斬り抜刀斎”から“流浪人”へ変わった剣心のように、斎藤もまた新選組から警官へ立場を変えた。所属組織は違ったものの、根本は似たもの同士。

 シリーズ第1作目から登場しているが、実は2人が剣を交えるシーンは第1作で描かれた1回しかない。「The Beginning」で2人の新たな戦いが見られるか注目だ。

写真を見る全 6 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る