ひきこもり先生:不登校生徒役で注目の15歳 南出凌嘉「最後まで見守っていただけたら」 次週“登校”、制服姿も

NHK土曜ドラマ「ひきこもり先生」で坂本征二を演じる南出凌嘉さん (C)NHK
1 / 2
NHK土曜ドラマ「ひきこもり先生」で坂本征二を演じる南出凌嘉さん (C)NHK

 俳優の佐藤二朗さんが主演を務めるNHKの土曜ドラマ「ひきこもり先生」(総合、土曜午後9時)で、不登校生徒の一人、坂本征二を演じる南出凌嘉さんの制服姿が解禁された。6月26日放送の第3話の一場面で、南出さんは「ぜひ最後まで見守っていただけたらうれしいです」とコメントしている。

 南出さんは、2005年8月10日生まれ、大阪府出身の15歳。2012年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「純と愛」でデビューし、2016年公開の「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」では実写パートの主人公・天野ケータを演じた。また昨年は、有村架純さん主演の連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)に登場する3兄弟の三男役で注目を集めた。

 「ひきこもり先生」は、11年間のひきこもり生活を経験し、ひょんなことから公立中学校の非常勤講師として、不登校の生徒が集まる特別クラス「STEPルーム」を受け持つことになった上嶋陽平が主人公。複雑な家庭環境、経済苦、クラスの中での居場所のなさと、一筋縄ではいかない中学生の心に深く分け入り、悪戦苦闘する姿を描く。

 南出さんは、主演の佐藤さんについて「二朗さんは本当にすごい方だなと改めて思いました。現場の雰囲気を良くしてくださって、僕が現場で悩んでいると声をかけていただき、ここはこうしてみようと支えてくださったりと、作品のために動いている方だなと思いました」と印象を明かす。

 さらに「僕が演じる坂本征二は3話から『STEPルーム』に登校します。『STEPルーム』の生徒たちに一体感というか仲間意識が徐々に生まれていきますが、いろいろな問題が出てきます。陽平さん、『STEPルーム』の子供たち、先生方がたくさん奮闘します」と見どころを語った。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る