ナイト・ドクター:元内科医の“深澤先生”岸優太が活躍「1話より成長してる」 “美月”波瑠への“フォロー”も話題

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第2話が6月28日に放送された。同話では、元内科医の深澤新(岸優太さん)が“コンビニ受診患者”に対しての診察で活躍。21日に放送された第1話での深澤は、ナイト・ドクターとしての自信もやる気もない姿だったことから、SNSでは「1話より成長してる」「前回と顔つきが違うね」「深澤先生やるじゃん!」と反響を呼んだ。

 ドラマは、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第2話で、軽症だが昼の診察に行けない夜間外来患者「コンビニ受診患者」の診察を担当することになった朝倉美月(波瑠さん)、深澤、高岡幸保(岡崎紗絵さん)。深澤は鮎川希実(谷村美月さん)の子・玲生を診察。後日、希実が再び連れて来た玲生に、深澤は異常を感じる。

 しかし、その日の担当は美月だった。美月は風邪だと判断するが、診察後、深澤に黄疸(おうだん)が出ていなかったか聞かれ、本郷亨(沢村一樹さん)にも診察時の様子を問われる。美月が希実の気になった仕草を話すと、玲生に別の症状の疑いが浮上する。

 美月は希実にすぐに再受診するよう連絡するがつながらない。そんな中、玲生が重症患者として運ばれてくる。美月は「コンビニ受診患者は非常識だ」という自らの考えで、危険な状態の患者を見過ごしていたことを悔い、玲生のオペに加わる。そして、コンビニ受診患者に対しての向き合い方を改める……と展開した。

 ツイッターでは深澤の活躍が話題となり、「深澤先生」がトレンド入り。また、夜間に働く美月を心配して様子を見に来た美月の父・朝倉哲郎(佐戸井けん太さん)に対し、深澤が美月の頑張りを伝える場面も描かれ、「朝倉親子の仲まで取り持つのいい子すぎる」「ちゃんと美月先生のこと理解してる」「いい先生」といった声も上がった。

テレビ 最新記事