掛布雅之:「僕は4番にこだわった」 “ミスタータイガース”が「相席食堂」登場

6月29日放送の「相席食堂」に出演する掛布雅之さん=ABC提供
1 / 3
6月29日放送の「相席食堂」に出演する掛布雅之さん=ABC提供

 お笑いコンビ「千鳥」がMCを務めるバラエティー番組「相席食堂」(ABC、火曜午後11時17分)。6月29日の放送は、“ミスタータイガース”として知られる元プロ野球選手の掛布雅之さんが出演する。予告映像では、掛布さんが「数多くボールを打つということ」「僕は4番にこだわった」と語るシーンなどが映し出されている。

 掛布さんは、阪神タイガースのキャンプ地で、“タイガースタウン”とも呼ばれる高知県安芸市を巡る。安芸を「僕の野球の第二のふるさと」と呼び、「親父のようなところ。厳しく育てられた」と、阪神トークが止まらない。「『六甲おろし』がモーニングコールだった」という当時の旅館や、阪神の選手のサインが山ほどある文具店を巡り、思い出の安芸市営球場へ。「1985年のキャンプで、真弓(明信)さんと『優勝するんじゃないかな』と予言していた」という裏話や、引退秘話などが飛び出す。

 さらに、人気企画「千鳥の野球チームを作ろう」シーズン2が始動。スタッフが街でスカウトした選手候補の中から選抜した逸材を、「見取り図」が調査。守備力、攻撃力、走力のほか、スター性や笑い、テクニックなど6項目でチェックする。T-岡田選手を生み出した少年野球の現役コーチや、甲子園で春夏連覇した選手らが登場する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る