東京リベンジャーズ:山田裕貴が熱き副総長“ドラケン” “マイキー”吉沢亮と最強コンビ

映画「東京リベンジャーズ」で山田裕貴さんが演じるドラケン(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 1
映画「東京リベンジャーズ」で山田裕貴さんが演じるドラケン(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演で、和久井健さんの人気マンガを実写化した映画「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が7月9日に公開されることを記念し、豪華俳優陣が演じるキャラクターたちを紹介する。今回は、山田裕貴さんが演じるドラケン(本名・龍宮寺堅)を紹介する。

 映画は、「新宿スワン」などで知られる和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」(講談社)が原作。壁の薄いボロアパートに住むフリーターのタケミチ(北村さん)はある日、元恋人のヒナタ(今田美桜さん)と、その弟・ナオト(杉野遥亮さん)が、関東最凶の組織・東京卍曾に殺害されたとニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチは東京卍曾に挑む……というストーリー。

 山田さんが演じるドラケンは、東京卍會の熱き副総長。総長のマイキー(吉沢亮さん)と常に行動を共にし、ケンカでは背中を預け合う関係性で、時にはマイキーの無謀な行動を制止することで支えている。

 5月10日に開催された映画のイベントで山田さんは、本作で“最強コンビ”を組む吉沢さんとプライベートでも親交があることを明かし、「(撮影現場で)話し合って何かをするというより、彼のフィーリングに合わせてそこにいられたので、いいセッションができたと思います。マイキーとしての彼のセリフを聞いたとき、安心した感覚があって『亮がマイキーでよかった』と思いました。最強のコンビだと思います」と自信たっぷりに語っていた。

 また山田さんは、公式サイトのコメントに「原作が大好きでずっと読んでいましたし、中でもドラケンが断トツで一番好きなキャラクターです。原作を読みながら、勝手にドラケンのシーンで自分の声をあてて読んでいたくらいです(笑い)。髪型もドラケンをやるなら(原作の)あの髪型にしたい! と本当に剃り上げることになりました。実際に仲良しでもある吉沢亮がマイキー役をやるということで、最強のマイキー&ドラケンコンビが見られると思います。期待してください!」とコメントを寄せている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る