ニンテンドースイッチ:有機ELディスプレーを搭載した新型モデルを10月に発売 7.0インチにサイズ拡大 有線LANにも対応

発表された「Nintendo Switch(有機ELモデル)」
1 / 11
発表された「Nintendo Switch(有機ELモデル)」

 任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」で、有機ELディスプレーを搭載した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」が10月8日に発売されることが明らかになった。価格は3万7980円で、本体色は「ホワイト」と「ネオンブルー・ネオンレッド」の2色を用意する。

 有機ELディスプレーはピクセル一つ一つの有機EL素子が自ら発光することで画像を表示するディスプレー。深い黒色を表現できることが特長で、ソニーの携帯ゲーム機「プレイステーションヴィータ」の初期モデルにも搭載されていた。

 画面の縁がスリムになり、6.2インチの現行の「ニンテンドースイッチ」とほぼ同じ本体サイズの中に、7.0インチの有機ELディスプレーが搭載される。さらに自由な角度で固定できるフリーストップ式のワイドなスタンドを採用。好みの角度で固定できるフリーストップ式で、見やすい角度にセッティングできる。

 付属のドックには、二つのUSB端子とテレビに接続するためのHDMI端子に加え、新たに有線LAN端子を搭載。TVモード時にさらに安定したオンラインプレーを行うことができるほか、本体スピーカーの性能も向上させた。本体保存メモリーも現行機の倍となる64GBを搭載している。

写真を見る全 11 枚

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る