榊原郁恵:「ボクの殺意が恋をした」で新木優子の母親役 娘を「葵」と呼び…今後のキーマンに

連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に出演する榊原郁恵さん=読売テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に出演する榊原郁恵さん=読売テレビ提供

 タレントの榊原郁恵さんが、俳優の中川大志さん主演の連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演していることが7月11日、分かった。同日放送の第2話で発表された。榊原さんは、新木優子さん演じる人気マンガ家・鳴宮美月の母親・京子役で登場。京子は今後のストーリーのキーマンになるという。さらに、劇中では、京子が美月のことを「葵」と呼び、美月の本名が葵であると明かされた。

 第2話では、柊(中川さん)が、育ての親・丈一郎(藤木直人さん)を殺した復讐(ふくしゅう)の相手・美月のボディーガードをすることになる。ボディーガードをしながら美月の殺害を企てる柊は、美月から新作のマンガを描くため花火大会に誘われる。美月の命を狙う“デス・プリンス”こと殺し屋の八乙女流星(鈴木伸之さん)は盗聴器で、2人が花火大会へ向かうと知り……という展開だった。同話の終盤で、美月が病室にいる京子を見舞うシーンが描かれた。

 ドラマは、映画「翔んで埼玉」「かぐや様は告らせたい」や連続ドラマ「グッド・ドクター」「ルパンの娘」(共にフジテレビ系)などの徳永友一さんらが脚本を手掛けるオリジナル作品。最高に“間が悪い”殺し屋・柊が、ターゲットの人気マンガ家・美月に禁断の恋をする姿を描くラブコメディー。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る