推しの王子様:ディーン・フジオカがスマートなゲームディレクターに “社長”比嘉愛未へ特別な思いも

7月15日スタートの連続ドラマ「推しの王子様」で光井倫久を演じるディーン・フジオカさん(C)フジテレビ
1 / 1
7月15日スタートの連続ドラマ「推しの王子様」で光井倫久を演じるディーン・フジオカさん(C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演で7月15日に始まる連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)。女性向け恋愛ゲーム(乙女ゲーム)を手掛ける36歳のベンチャー企業「ペガサス・インク」社長・日高泉美(比嘉さん)が、23歳の“残念すぎる王子様”五十嵐航(渡邊圭祐さん)を理想の男性に育てるため奮闘する姿を描くロマンチック・コメディーだ。ディーン・フジオカさん演じる光井倫久を紹介する。

 ◇言動がスマートなゲームディレクター、少年のような一面も

 泉美が社長を務める「ペガサス・インク」の副社長でゲームディレクター。泉美の乙女ゲームへの情熱と才能に気付き、二人三脚で会社を起業した。

 映画業界を目指していた過去があり、自主映画を制作していたことも。言動はいつもスマート。仕事は誰よりもこだわり抜き、部下の面倒見も抜群。興味のあることを面白がる少年のような一面も持つ。

 泉美にとって最も信頼できるパートナーである。光井は泉美への特別な思いも秘める。

 ◇初回のストーリー

 泉美は、外見から内面まで全てが泉美にとって理想の“推し”キャラクター「ケント様」と恋に落ちる乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」を制作し、異例の大ヒット。一躍、時の人になった。しかし、プライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、ケント様に夢中の日々を過ごしていた。

 順風満帆に見える泉美だが、次回作の制作に苦心。開発資金を集めるため、経営多角化を進める「ランタン・ホールディングス」に出資を求めるが、社長の十蔵(船越さん)にあっさりと断られてしまった。

 そんな中、トップクリエーターの光井倫久(ディーン・フジオカさん)と酒を飲みに行った泉美。酔ったまま帰宅しようとしたところ、借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りてきた航(渡邊さん)と出会う。無作法、無教養、無気力の航だが、容姿はケント様にそっくりで……。

 脚本は「マルモのおきて」(フジテレビ系)、「マリーミー!」(ABC・テレビ朝日系)などの阿相クミコさんと、「おじさまと猫」(テレビ東京系)などを手掛けた演劇コントユニット「大人のカフェ」の伊達さんがタッグを組んで担当するオリジナル。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る