道枝駿佑:19歳の誕生日を“先生”平野紫耀がサプライズ祝福! 「10代ラスト精いっぱい楽しんでいけたら」

スペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」の撮影現場で平野紫耀さん(左)から誕生日を祝われた道枝駿佑さん=日本テレビ提供
1 / 1
スペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」の撮影現場で平野紫耀さん(左)から誕生日を祝われた道枝駿佑さん=日本テレビ提供

 関西ジャニーズJr.の人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑さんが、このほど日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ44」(8月21~22日)のスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」の撮影現場で、19歳の誕生日を祝われた。7月25日に迎える誕生日を前に、主演の人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さんとスタッフからサプライズ祝福を受けた道枝さんは、「19歳は10代のラスト1年なので精いっぱい楽しんでいけたらと思います」と抱負を語った。

 この日は、平野さん演じる教師・樹山蒼一と、道枝さん演じる生徒・木の葉陸也によるシーンを撮影。撮影終了後、スタッフの「25日は道枝駿佑さんの19歳のお誕生日です!」というかけ声を合図に、平野さんから道枝さんに花束が手渡され、平野さんとスタッフ全員から「ハッピーバースデートゥーユー」の歌をプレゼントされた。

 道枝さんは「今回共演させていただいた事務所の先輩の平野くんにもお祝いしていただき、すごくうれしいです。スタッフの皆様もありがとうございます!」と感謝。「まずはこのドラマの撮影を無事に終了できたらと思いますので、最後までよろしくお願いいたします」とあいさつした。

 関西ジャニーズJr.出身で道枝さんを7年前から知る平野さんは、今回のドラマで「久々に会ったんですけど、めちゃめちゃ大人になっている!」と成長ぶりに驚き。「忙しい中の撮影でも弱音を吐かず前向きな精神が素晴らしいと思います。みっちー(道枝さん)と直接お芝居するのは今回が初めてですが、すごく真面目で、樹山先生の思いが届きそうで届かない感が陸也からすごく出ていて、樹山先生としては、もどかしい気持ちになります」と共演の感想を語った。

 ドラマは、黒川祥子さんのルポルタージュ「県立! 再チャレンジ高校 生徒が人生をやり直せる学校」(講談社)が原作。“底辺校”と呼ばれる県立槙尾高校を舞台に、現代の格差社会で生徒たちが抱えるさまざまな問題に寄り添い、奮闘する教師たちの姿を描く。8月21日午後9時ごろ放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る