南杏子:「いのちの停車場」原作者は38歳で医師に “異色”経歴の作家に迫る 明日の「徹子の部屋」

7月30日放送の「​徹子の部屋」に出演する南杏子さん=テレビ朝日提供
1 / 3
7月30日放送の「​徹子の部屋」に出演する南杏子さん=テレビ朝日提供

 吉永小百合さん主演の映画「いのちの停車場」(成島出監督)の原作者でも知られる小説家の南杏子さんが、7月30日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。内科医として活動しながら作家としても活躍する南さんは、医学部を受験したのは娘が生まれてからで、33歳で医学部に入り、38歳で医師になったという。番組では、南さんの経歴に迫る。

 主婦、医師、作家として活躍する南さんのこれまで活動の支えになったのは、新聞記者の夫。医学部受験も、夫が発見したある新聞記事がきっかけだったと語るほか、夫の魅力に惹(ひ)かれた理由と秘話を明かす。

 南さんは、映画「いのちの停車場」に看護師役として出演。医師役を演じた吉永小百合さんとの共演エピソードを明かす。

 番組では、終末期医療の現場で働く思いも告白する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る