TOKYO MER~走る緊急救命室~:第10話 最終章前編! “喜多見”鈴木亮平ら、“椿”城田優のわなに 初の死者も…

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話の場面写真(C)TBS
1 / 8
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話の場面写真(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」最終章前編の第10話が9月5日に放送される。

 喜多見幸太(鈴木さん)がテロ組織への関与を疑われ、TOKYO MERは出動を禁じられる。そこへ、ある大学で爆破事件が発生。救助のために駆け付けた喜多見と音羽尚(賀来賢人さん)だが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優さん)のわなだった。

 2人は爆弾が仕掛けられた学舎で重傷者を手術するも、SNSのうわさを信じ込んだ学生たちは喜多見をテロリストだと疑い、とんでもない行動に。2人を襲う最大の危機。そしてついに、初めての死者が……。


 都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手掛けた黒岩勉さんが脚本を担当。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る