矢本悠馬:江口のりこは「圧倒的なリーダー」 「SUPER RICH」で技術責任者役

連続ドラマ「SUPER RICH」に出演する矢本悠馬さん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「SUPER RICH」に出演する矢本悠馬さん(C)フジテレビ

 俳優の矢本悠馬さんが、女優の江口のりこさん主演で10月スタートの連続ドラマ「SUPER RICH」(フジテレビ系、木曜午後10時)に出演することが9月5日、分かった。矢本さんは、江口さん扮(ふん)する氷河衛(ひょうが・まもる)が経営する会社「スリースターブックス」の技術責任者、東海林達也を演じる。

 東海林は、同社の創業当時から衛を支えている。物腰が柔らかい性格だが、上司に「NO」とはっきり言うこともあり、衛から信頼されている。

 矢本さんは、東海林を演じることについて「オリジナル作品ということで、どう色付けしていこうかなど、この先の展開にワクワクしながら台本を読ませていただきました」とコメント。江口さんとの共演については「“圧倒的なリーダー感”を普段から醸し出されていて、現場にいるだけで自分の役がスッと入ってきます。普段も優しく話しかけてくださるので、おかげさまでとてもリラックスして芝居ができています」と語っている。

 ドラマの初回については「初回から最終回のような窮地に立たされますが、ドラマの内容は前しか向いていないので、木曜の夜が、皆さんに楽しんでいただける時間になれば幸いでございます。ぜひ、ご覧ください!」とアピールしている。

 「SUPER RICH」は、幸せのカタチ=「スーパーリッチ」を追い求める会社社長・衛の波瀾(はらん)万丈な半生を描くオリジナルドラマ。“子犬系男子”の貧乏学生・春野優(赤楚衛二さん)と出会い、会社の未来や自身の人生が大きく変化していく。町田啓太さん、志田未来さんも出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る