田中圭:「ハラハラしました」中谷美紀との夫婦役にド緊張 「どういう意味ですか?」とツッコまれアタフタ

「総理の夫」の完成披露試写会に登壇した田中圭さん(左)と中谷美紀さん
1 / 12
「総理の夫」の完成披露試写会に登壇した田中圭さん(左)と中谷美紀さん

 俳優の田中圭さんが9月8日、東京都内で開かれた中谷美紀さんとのダブル主演映画「総理の夫」(河合勇人監督、9月23日公開)の完成披露試写会に登壇。田中さんは、オファーを受けた当時を振り返って「中谷さんと夫婦役ということで緊張しました。あの……ハラハラしましたよ」とコメント。中谷さんがすかさず「どういう意味ですか?」と問い詰めると、田中さんはしどろもどろになりながら「悪い意味じゃないんですけど……、そんなことはないんですけど、怒られると思っていました」とポロリ。中谷さんが「ほらぁ!  悪い意味じゃないですか!」とツッコんで笑いを誘った。

 自身が演じた総理の夫という役について、田中さんは「何もしない主人公ってなかなかいない。僕は台本を読んだときそれがすごくうれしかった。主人公像として、本当に巻き込まていくだけの何もしないやつ。でも1個だけ後悔していることがあって……」と話し、衣装合わせのエピソードを披露。「監督に『どうでした、本(台本)読んで?』と聞かれて、僕はすごくやりがいやうれしさがあってなんですけど『いや、本当に何もしない主人公でうれしいっす!』って言っちゃった(笑い)。『やる気ないと捉えられているんじゃないか』と一瞬変な空気にちょっとなった。監督覚えてます?」と質問。

 河合監督が「はい、もちろん覚えてます!」と快活に答えると、田中さんはさらに「『こいつやる気ねーな!』と思いました?」と不安げに確認。河合監督は「いやいや、そんなふうに思わなかったですよ」と優しく否定。それでも田中さんは「(役柄の個性などが)面白いと、俳優・田中圭として何か出したくなっちゃうんですよ。何もしないでいると『これでいいのかな? お芝居できているのかな?』と不安になっちゃうんですよ」と弁明していた。

 舞台あいさつには貫地谷しほりさん、工藤阿須加さん、松井愛莉さん、嶋田久作さん、片岡愛之助さん、 岸部一徳さんも出席した。

 映画は、山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞を受賞したことでも知られる原田マハさんの20万部超えのベストセラー小説「総理の夫 First Gentleman」が原作。近未来の日本が舞台で、史上初の女性総理となった妻(中谷さん)と、史上初のファーストジェントルマンとして担ぎ上げられてしまう“鳥類オタク”の夫(田中さん)が、激動の日々に巻き込まれていく姿が描かれる。映画「俺物語!!」「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」などの河合さんが監督を務める。

写真を見る全 12 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る